ペディキュールアカデミー|ドイツ式フットケア、角質ケア、ネイルケア、巻き爪ケア、フットセラピスト養成、インストラクター養成、サロン開業、サロン経営のためのスクール

スクール案内

ホーム > スクール案内 > 代表ご挨拶

代表ご挨拶

もっと「私」らしく、活き活きと働くために、キャリアアップする・スキルアップする
― ペディキュールアカデミーは夢を叶えたいセラピストのためのキャリアデザインスクールです(25歳以上限定)―

はじめて、ドイツでフットケアを受けたとき、セラピストの方の年齢に衝撃を受け、それと同時にこんなにも活き活きと活躍できるなんて、私もいつかこんな素敵なセラピストになれたらいいなと思いました。
私が「フットケア(フスフレーゲ)」の世界に飛び込んでから20年が過ぎました。 その間、結婚や出産、育児などの理由で、フットケアの仕事や勉強をやめてしまった女性たちを数多く見てきました。

技術を身につけ、結婚しても、子供を持ってもずっと仕事を続けたい、そしていつか小さくてもいいから自分のお店を持ちたい、と目をきらきらと輝かせていた女性たち。 諦めてしまったのは本当に残念なことです。

夢と現実の両立は、女性にとってとても大変なこと。
私がセラピストの仕事を始めたばかりのころは、カウンセリングの仕方やアドバイスの方法など基本的なこともわからずにいました。当時は、技術は見て盗むものでしたし、先輩の技術を盗めるようになったら一人前ともいわれていました。それでも、お客さまからお金をいただくからには、足に抱えるお悩みを解消したい、心の底からあなたに出会えてよかったと思っていただきたいと、日々、独学でスキルを高めていきました。

いつしか、私もプロとして、その経験を活かしてみたいと思うようになりました。こうして、「足から日本を元気にしたい」と意気込み、ベッド1台で夢の個人サロンを始めることになったわけですが、メニューやパンフレットの作り方、仕入れの仕方など、今度は新たな課題が山積していきました。セラピスト時代とは違う問題に、サロンオーナーとして立ち向かうことになったのです。
15年くらいでしょうか、色々な方法を試行錯誤しながら、サロンは3店舗まで拡大していきました。セミナーや独学で学んだことを活かし、サロン運営をしてきましたが、ついにその手法にも限界を感じたのです。原点に戻り、社会人大学で、経営学を学びました。体系的に学んだことで今まで繰り返してきた失敗と成功をやっと、点と点で結ぶことができたのです。

そして、ある講演依頼をきっかけに、私がかつて抱えてきた同じ悩みを今度は相談される側になったのです。年間を通じてお客様に通っていただくにはどうしたらいいのだろうか、サロンメニューはどうやって作ったらいいのだろうか。商材はどのように選んだらいいのだろう、など。
セラピストからサロンオーナーへキャリアステージは変化したものの、その知識不足が不安・焦りの原因でした。このとき、これはセラピストすべてに共通する問題なのではないかと思ったのです。そして、技術からサロン開業、サロン運営までをキャリアステージごとに知識整理できたら、活き活きと活躍する女性が増えるのではと思ったのです。 技術講習・認定資格・検定試験・・・・。どんなに取得しても点と点を結ばなければ、いつまでたってもキャリアアップはしません。

私が身をもって体験した「素人からセラピストになって独立開業するまで」、そして、「サロンを継続して運営していること」を体系的にお伝えすることで、フットケアに興味がある人がセラピストになったり、セラピストで頑張っている人が、サロンを開いたり、サロンを開業して悩んでいる人が何かのヒントを見つけ、売上があがったりと、誰かの背中を押して、セラピストというキャリアを活かし続けてほしいと願います。
私たちは夢を叶えたい女性を支援し続ける。
成熟した文化をもつ国々には、私が初めて体験したような心から素敵だなと思うセラピストが、プライドをもち大活躍しています。私たちは、フットケアの技術を通して、いつか小さくても自分のサロンをもちたい、そんな夢を叶えたいセラピストを応援し続けていきたいと思います。
  • アクセスマップ
  • お知らせ
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • マイナビ2018
  • 中途採用エントリーはこちらスタッフ募集中!
  • フットブルー公式アカウントFacebookページ
  • フットブルー
  • フットケアモデル募集
  • メルマガ登録